レストラン

新メニューフェア

フェア開催

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートは、
“地産地消”をテーマに、沖縄県の奨励品種に選定され、石垣島を代表する新たな特産物として期待されている
紅イモ「沖夢紫(おきゆめむらさき)」を使った14種類の新メニューを、
ホテル内5つのレストランとラウンジ&バーにて、2017年4月29日(土)から5月31日(水)の期間限定で提供します。

フェアのご案内

石垣島産の紅イモ「沖夢紫」は、きれいな紫色とやさしい甘さが特長。
平成15年度に沖縄県の奨励品種に選ばれており、石垣島を代表する地域の特産物として現在注目され、生産拡大が進んでいる食材です。
今回当ホテルでは、「沖夢紫」を100%使用した紅イモ菓子を多数販売している
八重山南風堂株式会社(沖縄県石垣市、代表取締役会長:長濱 光江、代表取締役社長:淵邉 直樹、以下「八重山南風堂」)協力のもと、
地域との積極的な関わりによる地元貢献、そして石垣島の食材を石垣島で食す地産地消への取り組みとして、
和・洋から、カクテル、スイーツにいたるまで、さまざまなジャンルで14種類のメニューを開発しました。

期間: 2017年4月29日(土)~5月31日(水)

  • 沖夢紫のマセドワーヌサラダ

    沖夢紫のマセドワーヌサラダ

  • ブダイの鱗仕立て 沖夢紫ソース

    ミーバイの鱗仕立て 沖夢紫ソース

  • 沖夢紫のなめらかプリン&沖夢紫のふわふわシフォン

    沖夢紫のなめらかプリン
    沖夢紫のふわふわシフォン

メニューのご紹介

オールデイダイニング サンコーストカフェ
(ディナーブッフェ)
  • ブダイの鱗仕立て 沖夢紫ソース

    ミーバイの鱗仕立て 沖夢紫ソース

  • 沖夢紫のマセドワーヌサラダ

    沖夢紫のマセドワーヌサラダ

  • 沖夢紫のなめらかプリン

    沖夢紫のなめらかプリン

  • 沖夢紫のビシソワーズ

    沖夢紫のヴィシソワーズ

  • 沖夢紫のふわふわシフォン

    沖夢紫のふわふわシフォン

日本料理 八重山
  • 沖夢紫の揚げだし

    沖夢紫の揚げだし

    ¥1,300

  • 沖夢紫の冷製麺仕立て

    沖夢紫の冷製麺仕立て

    ¥1,300

トロピックス ラウンジ
  • 沖夢紫のクレープ

    沖夢紫のシュークリーム

    ¥350/個

  • ヒラヤーチ風沖夢紫のクレープ3種のアイスクリーム添え

    ヒラヤーチ風沖夢紫のクレープ
    3種のアイスクリーム添え

    ¥1,500

  • 沖夢紫の紅芋タピオカスープ バニラアイスクリーム添え

    沖夢紫の紅芋タピオカスープ
    バニラアイスクリーム添え

    ¥1,300

  • 沖夢紫デニッシュ クリームドーム

    沖夢紫デニッシュ ¥380/個

    沖夢紫のクリームドーム ¥420/個

トロピックス バー
  • 沖夢紫のアレキサンダー

    沖夢紫のアレキサンダー

    ¥1,400

  • 沖夢紫のフローズンパフェスタイル

    沖夢紫のフローズンパフェスタイル

    ¥900

※上記料金には、税金・サービス料が含まれております。

沖夢紫(おきゆめむらさき)について

芳醇な甘さとモチモチとした食感が特長の「沖夢紫」は、“畑のチョコレート”とも呼ばれる希少な紅イモです。鮮やかな紫色のヒミツは、一般の紅イモよりも豊富なアントシアニン。
目に良いとされるアントシアニンには強力な抗酸化作用があり、血圧降下作用、肝機能改善などが期待されます。
八重山南風堂は、地域関係者と共に生産者や行政との連携、学校、体験・観光を通じて「沖夢紫」のブランド化に取り組んでいます。『紅芋モンブラン』や『紅芋タルト』をはじめとする石垣島発のブランド商品は全国的にも人気があり、地域や地域の子供たちが誇れる島づくり、島おこしへと繋がり、地元・石垣での一貫した生産・加工・商品化はさらに活性化しています。石垣島では現在60人余りの農家が「沖夢紫」を栽培しています。「沖夢紫」は、サトウキビと交互の栽培「輪作」を行います。通常、サトウキビの栽培は一度収穫すると半年以上は畑に休息期間を設けて土壌の連作障害を防ぐところ、「沖夢紫」はサトウキビとは異なる養分を必要とするため同じ土壌での輪作を可能にし、さらに石垣島の気候では季節を問わず生育でき、半年で収穫できるため、農家は1年を通じて収入を得ることができます。
また、休息期間を設けない輪作により病害虫を防ぐ効果が上がり、芋を植えることで根が張られることで海への土壌流出を防ぎ、石垣島周辺のサンゴ礁を守るという環境保護にもつながります。栽培することで環境保全に役立ち、良い畑を作り、農家の副収入や島の新たな雇用も生まれる―。「沖夢紫」は、石垣島を心から愛する人たちがつながって作り上げ、島にやさしい循環を創り出すミラクルな作物です。

フェアのご紹介

発起人

長濱会長が今回の沖夢紫フェアの発起人となり、ホテルと
沖夢紫が深く繋がりました。 八重山南風堂は、生産農家や行政との連携、学校、体験・観光を通じて「沖夢紫」のブランド化に取り組んでいます。石垣島発のブランド商品は全国的にも評判となり、地域そして子どもたちが誇れる島づくり、島おこしへと繋がっています。

ホテルシェフ

ホテルの取り組みとしては、南風堂さんと農家さんとタッグを組んで、沖縄で沖夢紫を使ったお土産品(お菓子)以外の店舗での初メニュー開発。沖夢紫の食事としての美味しさも知って頂きたいという気持ちを沢山込めてシェフがメニューを作りました。

農家の方々

高品質と安定した収量を追及した新種の紅芋「沖夢紫」は、多くの試験を繰り返し、7年もの歳月をかけて誕生しました。「沖夢紫」の栽培で利点が生まれ、今では石垣島の農家を支える重要な農作物になっています。

石垣島と食を通じて深く触れ合い、食からも心に残るような体験をして頂きたいという思いを込めてメニュー開発いたしました。
上質でさりげないサービスや設備はもちろんのこと、様々な体験を通じて心に残るご滞在を石垣島でご体感ください。

八重山南風堂株式会社

八重山南風堂株式会社

自然の恵みに感謝し、人の繋がりに歓喜し、島の発展に努めていく。
八重山南風堂では、生産農家をはじめとする地域関係者の皆様と共に、沖夢紫を軸とした地方創生と新たな八重山
地域のブランド化に取り組んでいます。「芋掘こし、人起こし、島興こし」この思いを
基に沖夢紫の商品展開や新たな可能性にチャレンジして参ります。

詳しくはこちら

PAGETOP